読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「21グラム」について

徒然 趣味

2003年制作のメリケン映画

 

ついこの間、深夜の放送を録画して観た。観るのは2回目だが最初からしゃんと観れたのははじめてだった。尺の関係で若干カットされた部分もあるだろうが、一通り観れたと思う。

 

言葉の表現がよくないが、結構早い段階でショーン・ペン演じるポールが結構糞野郎じゃねぇのか?という引っかかりがあって、さっきまで映画の感想をネットで漁っていたわけ、同じ意見はないのかと

 

構成編集が特殊な映画なのと、俳優達の素晴らしい演技が光る映画なのでその点についての感想が多く、同じ意見を見つけられなかったので、ちょっとブログ書こうかなと思ったとです。

 

───で、感想、思ったこと、感じたこと

 

一応メインの主役は心臓移植を受ける大学教授の「ポール」だと思われる。

とても自己中心的で頑固者、犯罪を犯しても後悔しなさそうなタイプな描かれ方だと感じた。それ故、ラストでやるべき事を何故避けたのか、そこだけなんか設定が一貫してない。

 

具体的に・・・、身体への負担と移植待ちリストから削除される危険があるタバコをトイレでこそこそ吸う、弱った自分を支えてくれている妻に対する冷徹さ、公にされないはずの移植された心臓の持ち主を手段を選ばず探し、その妻とすっかりいい仲になる。殺人の準備をするという所

簡潔に言うと”自分のルールが崇高な男”である。身分がしっかりしている以外は好き勝手やってる思いやりのないオッサンで全然好きになれない役柄。

 

メイン側のヒロイン、ナオミ・ワッツ演じる「クリスティーナ」、演技がとても素晴らしい。心臓の持ち主の妻であるが、この人って元薬中だよね?という描写がある。しかし、暮らしぶりは中流階級以上で裕福な描写だ。単純な悲劇のヒロインではない。というか多分そこが脚本の真の狙いじゃなかろうか

 

で、多分こいつが脚本と監督の内では真の主人公であろう ベニチオ・デル・トロ演じる「ジャック」、wikiすのままの引用になるけど「前科者だが信仰を支えに妻と二人の子供と懸命に生きている男」 付け加えるなら生活はとても苦しく貧しいということ

 

心臓の持ち主と子供二人を車で轢いてしまう表面的な悪役であり物語上でなんらかの判断と解決をすべき対象なのだが、様々な場面で描かれる彼の人間性はというと、血が昇り易いが善悪の判断はちゃんと分かっておりそれ故、深く深く後悔する。そして何より若気の至りのツケで生活環境があまりよくない。まともな人間も環境が変われば道を踏み外してゆくのは大人になればだれもが知るところだろう。

 

『ポール、クリスティーナ vs ジャック』物語後半はこの構図で進んでゆく

私の視点で表すと”愛憎に富むポール&クリスティーナと孤独なジャック”の対比の物語になってゆく

 

前述の「(ポールは)ラストでやるべき事を何故避けたのか」

これは結局 ポールは内弁慶の腰抜けだったということなんだろう。言葉にすると辛辣なんだけどとてもリアリティのある人間像だ。ブログを書いててなんかひとり納得してしまった(笑)。腰抜けだから法で裁かれる立場にまでは堕ちずに暮らしてきた、そういうキャラクターなのだ。

 

クリスティーナはどうかというと、愛憎に富むルールを飛び越えてゆくことにあまり躊躇がない人間なのかな?というくらいでよく分からなかった。道を踏み外すだけの素質は十分にあるとは思う。

 

ジャックはね。弱さと実直さが溶け合っていてとにかく私はこの映画の中じゃあとても好きです。こういう人間に明るい明日がある映画が一番だと思います。

 

映画に限らず、物語の終わりが何かの始まりである作品が名作の

条件だと感じてます。あれこれ理由を付けていい作品だったと思い込まなくちゃいけないような後味の悪い作品は駄作です。

「21グラム」はリアリティのある群像劇で、映像の力強さ、演技の上手さがひかるよい作品でした。編集が難しいことになってて入り込みにくいけどね。

 

 

 

明けましておめでとう御座います

徒然

本年も宜しくお願いいたします。

f:id:keiichi0563:20170104001212p:plain

 

前厄らしい・・・。

Monday Tuesday(河口桃子)さん

徒然 趣味

前に書いたと思うけど”ねとらじ”ってのを聞いてて、その中に

『24時間インディーズ音楽放送の「これいーなNon Stop MUsic Station」』てのがある。

「24時間インディーズ音楽放送~」のサイトにはオンエアー中の楽曲情報(Artist名と曲名)が表示される仕組みだ。この手のタイプの情報開示システムはラジオ局のサイトでも使われていることが多い。これは一見いい感じなシステムっぽく思われてそうだが、時とともに情報が過ぎ去ってしまうのでいかがなもんかと感じる。

 

ある日(去年だったかな・・・)、「24時間インディ~」を聞いていて「!」てなってすぐサイトに接続し楽曲情報(Artist名と曲名)を見て表題にある Monday Tuesdayさんを知りました。といってもね、サイトのリンクが壊れてて(アドレスが古いのか間違ってるのか無効)、別にMonday Tuesdayさんに限ったわけでなく他のArtistのリンクも壊れてるの、非営利団体っぽいから色々足りないんだろうね。

で、そこから「Monday Tuesday」っていう固有名詞を検索して何か情報がほしいわけで、CDあるなら欲しいと思ったしね。しかしなんも広がらないのねこういう名前だとさ(批判してる訳じゃくて)

 

私が漫画やるときに恩師から言われたのは「ペンネームは変えるなよ」ということでした。これはその後、後々になって分かってくるというか、まあとにかく人生積み重ねですからね。いちいち積み上げたものをリセットしてたら誰も得しないという話なんだけど、もし私が同じようなタイミングに立ったなら「固有名詞はやめておけよ、もしそうするなら前後に何か付けろよ」そう言います。特にね「さくら」これは絶対辞めとけよ。一度検索すると分かるけど、芸能人、地域振興、観光名所、お菓子、AV女優さんからなにから山ほど出てきてたどり着けないからね

 

まあよっぽどだよ、しつこくワードを付けて検索してMonday Tuesdayさんの楽曲を配信してるサイトにたどり着いた。そこは多分インディーズの楽曲をダウンロード販売をしてるサイトで、そこにアルバム(?)3枚くらいとデモ音源(全部で18曲)があって何故か全部無料だった。全部ダウンロードした。それからパソコンの中に音源おいといてちょいちょい聞いてる。毎日聞くこともあるし、2,3ヶ月空いてまた聞いたりする。

 

Monday Tuesdayさんの楽曲で一番好きなのは「My Sunshine」、あと「東京の星(デモヴァージョン)」

 

その当時は他の情報が何も見つけられなかった。せっかく素敵な楽曲あるのにあまり売り出す気がないのかなんなのか知らんけど、ああもったいないなって感じた。

 

先日、ふと、あれだけオリジナルやれるひとなのだから新曲とかなにかないのかな?と検索してみた。コピーやってる人なら”その先”に期待しないんだけどさ、オリジナルで形を仕上げるってのは凄いことだから、その力を持っていながら何もしないなんてねないと思ったから。何かやってないかなって調べた。

 

ドンピシャ

 

色々出てきました。

 

まず、「Monday Tuesday」名義のFaceBook。それからYouTubeで新曲見つけました。ブログもありました。「momoko kawaguchi」と表記があったのでさらに調べるととあるブログにお名前ありました。表題通り河口桃子さん、OLさんらしいです。ライブ活動をされているご様子、多分、局所的には名の知れた方なんだと思われる。

 

色々公開しているけど名義表記の問題で一筋縄で見つからない。楽曲が聴けるのはまず YouTube ピアノ弾き語りのカバー曲も含めて6曲ありその内「Monday Tuesday」名義のチャンネルで2曲の新曲(私の中では)、もっとあるのかどうか謎。ペンネームが固有名詞なので曲名が分からないと調べきれないという、もったいない。

 

で、ここの楽曲が新しいの揃えてアップしてある場所だろうというのが 「SOUND CLOUD」という楽曲公開サイトですね。Twitterで海外のイラストレーターさんとかのツイートみてるとたまにその方のお知り合いなのかな?「SOUND CLOUD」のリンク貼ってあったりして、SNS系でシェアとかできるから気に入ったらTwitterでシェアしたり、そういうの興味もって聞くタイプなので、私は

 

とにかくそういうの見つけてうれしかったんでBlog書いた。

最近パソコン不安定な感じがずっとつづいててお気に入りにいれてもさOS入れなおしたりして消えちゃうから(バックアップなんて、イラストデータと音楽、資料写真だけでいい派)、Twitterだと過去のツイート漁るのやってらんだいし、Blogがいいよね。

 

───で、勝手にリンク貼る。「Love Me Tokyo」すごくいい曲だと思います!と、特に誰も見に来ないこのBlogでプッシュしておく

soundcloud.com

鬼平、終わる

徒然

鬼平犯科帳THE FINAL、二夜連続放送をもって二代目 中村吉右衛門さん演じる鬼平が終わった。

 

内容は、晩年の「寅さん」に近い感じ(主演があまり動かない等)はありましたが、ご高齢ですしそこはいいんです。とにかくちゃんと終わりの回があってよかった。ちゃんと最終回を作って放送してくれてうれしかった。

 

民放における新作時代劇がスペシャルドラマ(2時間枠)以外で制作されなくなって久しいですが、鬼平おわったら「剣客商売」と「Jニーズの必殺」しか残ってません。どうなるんでしょうね。※制作されなくなった経緯的な物語は検索すると色々、彼方此方のBlogに書かれているので興味がある方は調べてみるといいと思います。キーワードは水戸黄門

 

で、やっぱり気になるのが次の鬼平は誰が演じるのか!?って話

「剣客」の場合、私が見始めたいわゆる”藤田まこと版”では主要キャラの配役変更があったりしたので、藤田さん亡き後、北大路さん版の受け入れも結構すんなりいった感じだったきがする。

鬼平」の場合、1989年から二代目 中村吉右衛門さんがず~っとやってらっしゃったので、どなたが演じても違和感を感じるんだろうなと、しかも前述したようにレギュラー枠は無い訳で、多分、年に1本くらいのスペシャルドラマ版になるでしょ?きっと、そこで必殺みたいにアイドル主演になったりしたらもう見ないよ、私は

 

てことで、個人的に鬼平やってほしい俳優ベスト3を書いて久しぶりの記事を〆ようと思います。

 

第3位・・・内野聖陽さん

大河ドラマ風林火山」を見てから好きな俳優さん、「風林火山」あったから現在も大河ドラマ見てるんだよっていうね。好きだという理由だけで3位に入れたけど本音では「仕掛人・藤枝梅安」をやって欲しいです。凄く。前述の通り時代劇は・・・なので希望が無さそうだしってのもあって第3位です(鬼平ファイナルは二桁視聴率だったので新キャスト版制作が期待ができるしね)。

 

第2位・・・豊川悦司さん

今夜、明日と私の敬愛する夏目漱石を演じたドラマ?やってますね。それはおいて置いて、映画「必殺剣・鳥刺し」藤沢周平を見てから好きになった俳優さん。背が高く立ち姿がよいイメージから、捕り物装束を着た姿を想像するとだいぶいい感じに映るんじゃないかという理由+思い出補正

 

時代劇小説を読み出したのは中3か高校入学したくらい(記憶薄)で、本屋で悩んだのよね人生で最初に読む時代劇小説は「池波正太郎」か「藤沢周平」かで、悩んだところでどっちも読んだこと無いんでタイトルで興味の引かれた藤沢周平さんの短編が詰まったのを買ったの、その時読んだ短編のひとつが、映画化されて人気が出て次々映画化されたそのなかに「鳥刺し」があった。その思い出。

 

第1位・・・渡辺謙さん

いまやハリウッドで活躍されている世界的な俳優さん、ハリウッドで役者として一番成功してるんじゃないでしょうか、素晴らしいですね。

ええ、別に売れてるから選んだわけではないです。そもそも”売れてるモノを皆で売る”という日本企業の姿勢は正直好きじゃない。そうやって流行を作るのかもしれないけど、売れてるものとコラボして、みんなで売れてるモノを売る。この生産性、先が無いでしょ結局。どうでもいいけど

 

渡辺謙さんといえば、「独眼竜政宗」「藤枝梅安」「御家人斬九朗」とりわけ斬九朗。

 

最近は真面目なキャラでシリアスな物語が多いけど真骨頂は三枚目の演技だと個人的には感じていて、その幅がねいいと思う。鬼平やるのにね。

後は海外で活躍してるのもいいけど、国内で看板となる役をひとつ持っておくのもいいんじゃないかというファン心理、スペシャルドラマ枠ならハリウッド映画の仕事と兼ね合いもつくだろうし、とどのつまり、とにかく観たいですね。渡辺謙長谷川平蔵(宣以)が観たい。

 

 

おしまい

 

リオ五輪

徒然

とにかく今回の五輪はこれが見たくて待ってた。

とにもかくにも現日本最速ランナー 福士加代子さんがどんな走りを

して、世界でどれくらいなのか?ここがポイント、見所。

 

で、時間帯的に見れないので録画したものを追いかけ再生で見ました。

まず、民放はCMがやたら多過ぎで、追いかけ再生で丁度よかったなと…

  

大方の予想通り、エチオピア、ケニア等アフリカ勢が先頭集団

日本勢は給水の度じりじりと離されていく、このまま終わるのかな?

そんな気配の中、福士さんスピード上げて先頭集団に入ったんだよね

素晴らしいね。柔道なんかで慎重になったり固くなったりして

指導優先のまま失礼だけどつまらない終わり方する時

あるじゃないですか、毎日一生懸命練習してきたその道の人でも

そうなるんだよね人間はさ、それが人間なんだとも思う。

そこを福士さんは越えて攻めたのがとても素晴らしい

そう感じました。詳しい人からすればタイム的に日本がメダルに

絡むのは難しいって最初から分かってたはずだし

それでも行くんだっていう心意気と行動力が本当によかった。

 

30kmくらいからまた離されて、全然画面に映らなくなって

35km通過の知らせがないまま先頭のゴールシーンになって

リタイアしたかと心配したけど最後は日本人トップでゴール。

これ以上ない大きな舞台で日の丸背負って立派でした。

お疲れ様でした。

 

その後、錦織さんの試合を朝まで見て興奮

すごいなぁ

 

 

 

Hatena Blog…グーグルクロエで書いてるんだけどエラーがやたらでたり、使い勝手が悪くなったね。この記事書くだけであたふたよ

LOLとかいうゲームについて

ネットで仲良くなった人に誘われて3週間くらい遊んだ感想等

 

日本サーバーが今年<2016>の春に正式オープンしたようで、お誘いがあったし はじめるタイミング的にはいいのかもしれないなと、前々から名前は知っていた有名なゲームだったから、どんな風に面白いのか気になったので早速遊んでみました。

※ゲームシステム、簡単に言うと5対5の陣取り合戦です。

 

 

大体1試合30分前後で遊べるので遊びやすく、システムも気に入って2週間程だいぶやった結果、まあ、とにかくですね・・・酷いゲーム環境だなと、もうそれしかない。後は日本鯖オープン3ヶ月で過疎というね。

 

まず、日本鯖(サーバー)で遊んでいる方の大半は海外サーバーで遊んでいた経験者が大半を占めている感じがします。これは遊び倒してみて、経験者とずぶの素人の動きが違うので分かります。

 

このゲームの真骨頂は対人戦にあるのですが、押したり押し返されたりといった面白さは10戦して1試合あるかないかで、大概ワンサイドゲームに落ち着きます。

 

20試合ほどすると内部レートというものが整って近い腕前の人との対戦が増えるらしいという噂がネットにあるんだけど、そもそも本当の初心者が少ない現状(個人的体感からの推測)、上手い人(海外経験者)と当たることが多いです。後、日本人よりも中国や韓国、台湾や海外の人達のほうが多い。ゲーム内チャット機能にそれらの言語が飛び交っています。そして大概がヘイト、差別用語やプレイに対する罵詈雑言です。3試合すれば必ず出会えます。出会い率が非常に高い。

 

この点について、「海外だとそれが普通で皆そういう中やって強くなってきたんだ」なんていう輩が居るわけです

 

大概の人は基本的に”教わったこと(教えられた事、方法をもって)しか誰かに教えられない” のは分かりますが、そこを越えるのが知性だと思うんですよね。つまり別の方法論を生み出せないってのはですね・・・。

 

プレイヤーが悪いって言いたいわけではありません。むしろ運営が意図的にそうした状況を作っているんじゃないかと感じています。

 

 

───で、初心者向けやちょっとした練習目的等の「 AI戦 」には 入門・初心者・中級者 と3段階用意されていて最初は誰もがそっちで遊ぶのですが、AI戦 初級者・中級者に高レベル帯の人やランク戦やってる人たちが溢れています。この人達の中にも下品な言葉を使う人が大勢います。

 

これについて、色々な関連サイトや何かを見てゲームの情報を漁っていくると「ゲーム内チャットはミュートがオススメ!」という記事をチラホラ見かける。まさにその通り対人だろうがAIだろうが即ミュート推奨

 

ゲーム内でのハラスメント方法は他にもピング打ちというのもあって、これはどうにもしようが無い。無視するしかない。

 

とにかく新規の人が少ない状況でこの環境づくりも相まって酷いゲームになってる。

 

LOL 知り合いとAI相手に遊ぶのが丁度よいゲームです

 

それでもやりたいゲーム中毒の人にはグループに参加することをオススメします。ソロで遊んでいるとブロックしたり、レポートしたりする回数ばかりがどんどん増えます。公式サイトの掲示板で募集要項を見て、暴言禁止とわざわざかいてあるグループに参加して遊びましょう。これで言葉が通じて下品な言葉を使わない人達とだけで5対5でゲームを遊ぶことが出来ます。

 

この公式サイト掲示板を見ただけでも、どんな人たちが遊んでいる 真面目に向上心をもって取り組んでいるeスポーツなのか分かるでしょう。

 

他人にフラストレーションをぶつけられるのがお好きな人にはオススメのゲームです。はい。

 

 

 

 

 

災害、わたしの心得

徒然

基本的に疲弊した土地に入ってくる一般人や芸能人の看板背負ってくる輩というのは侵略者だと思ってる。治安維持能力よりも先にやることがわんさとある土地ってのは歯止めがないから悪い奴らにとっては楽園なのよ

 

この考え方は東日本のあれの時からです

 

やらない善よりやる偽善だっけ?

大儀があればとでも思っているのか、個人的な正義感とかそういうの後でいいし大概そういうのがトラブルを大きくするじゃない?

 

都市や町の機能が著しく低下した治安が緩くなった状況にちょっと興奮を覚えているんじゃあないのか?とも感じる

 

被災地以外に暮らす人達は災害があってからしばらくの間はまずは行政やライフラインに関わる仕事に従事する方々の邪魔をしないで見守ることが大事だと思います。

 

結局、その土地で復旧復興を続けていくのは地元の人達だからです。だから被災された方々も地元の行政を信じて時の過ぎ行くまま辛抱していればいいと思うのです。それにきっと同郷の人の中から何かをやろうと立ち上がる人も出てくる、そこはもう暮らしているその市町村とそこに住まう人を信じる。

 

一般人や行政がどうにもならん場所には組織として成熟し、屈強な人間が従事する自衛隊がきっとたどり着いて助けてくれるでしょう。というか彼らがたどり着けないなら一般人には到底手が出ないでしょう。

 

現地に様々なマスメディアの人たちが入っているのにメディアからイマイチ全体的な情報がでてこないことからも、他所から来た人が把握できるほど簡単な世界じゃないし、地元の方がそっちに気を使わなくてはいけない状況ってのは邪魔なだけでしょ

 

個人的な正義感で現地入りする人達や素行不良のメディアの人達の姿をネットでチラチラと目にしていて、(この表現は誤解を招くかもしれないけど)なんか野外フェスみたいなことになってやがるな~と、イベント化している、そんな風に感じたとです。