入院と退院

人生二度目の入院

 

二月八日未明、喀血。一時間程後、出血止まる。

同日夜半再び喀血、喉の奥から「コポコポ」と血が沸いてくる。

救急車で病院へ搬送されそのまま入院。

喀血及び高血圧、高血糖により「糖尿病です」との診断を賜る。喀血については当初、結核疑いということで隔離病室に一週間入院、その後一般病室(四人部屋)へ

年齢層が高い部屋だったので静かで落ち着いてました。日が沈んで飯食う音だけが響く部屋は言葉にならない、なんだろなあの感じ。

 

喀血の原因は謎(気管支カメラが出来なかった等)。CT及びレントゲンで右肺に靄、血痰、深呼吸が出来ない(深く吸えない)、降圧剤と止血剤の点滴で両手が塞がる。降圧剤点滴で血管が腫れ上がる→違う場所に刺し直す。止血剤の効果で喀血から血痰に変化、当初、部屋の中にあるトイレに行くだけで息切れ、二週間程で出血収まる。

 

二月末退院

 

朝夕に降圧剤、毎食前に糖尿の薬+念のため止血剤

入院感想・・・毎日三食食べるのがこんなに辛いとは思わなかった(笑

ケトルベルで全然ダイエットできなかったけど邯鄲に5キロ痩せました。

 

俺は老後を生きてるんだな~とかぼにゃり考えてたらこんな感じになりました。

血圧安定(毎日My血圧計で3回計測)、血糖値は不明(計測器欲しい)、生涯通院。

下手したら次は糖内科に入院とかなるんかな、嫌です。

KBスナッチ限界数30→15 体力落ちました。

 

近況おしまい