鬼平、終わる

鬼平犯科帳THE FINAL、二夜連続放送をもって二代目 中村吉右衛門さん演じる鬼平が終わった。

 

内容は、晩年の「寅さん」に近い感じ(主演があまり動かない等)はありましたが、ご高齢ですしそこはいいんです。とにかくちゃんと終わりの回があってよかった。ちゃんと最終回を作って放送してくれてうれしかった。

 

民放における新作時代劇がスペシャルドラマ(2時間枠)以外で制作されなくなって久しいですが、鬼平おわったら「剣客商売」と「Jニーズの必殺」しか残ってません。どうなるんでしょうね。※制作されなくなった経緯的な物語は検索すると色々、彼方此方のBlogに書かれているので興味がある方は調べてみるといいと思います。キーワードは水戸黄門

 

で、やっぱり気になるのが次の鬼平は誰が演じるのか!?って話

「剣客」の場合、私が見始めたいわゆる”藤田まこと版”では主要キャラの配役変更があったりしたので、藤田さん亡き後、北大路さん版の受け入れも結構すんなりいった感じだったきがする。

鬼平」の場合、1989年から二代目 中村吉右衛門さんがず~っとやってらっしゃったので、どなたが演じても違和感を感じるんだろうなと、しかも前述したようにレギュラー枠は無い訳で、多分、年に1本くらいのスペシャルドラマ版になるでしょ?きっと、そこで必殺みたいにアイドル主演になったりしたらもう見ないよ、私は

 

てことで、個人的に鬼平やってほしい俳優ベスト3を書いて久しぶりの記事を〆ようと思います。

 

第3位・・・内野聖陽さん

大河ドラマ風林火山」を見てから好きな俳優さん、「風林火山」あったから現在も大河ドラマ見てるんだよっていうね。好きだという理由だけで3位に入れたけど本音では「仕掛人・藤枝梅安」をやって欲しいです。凄く。前述の通り時代劇は・・・なので希望が無さそうだしってのもあって第3位です(鬼平ファイナルは二桁視聴率だったので新キャスト版制作が期待ができるしね)。

 

第2位・・・豊川悦司さん

今夜、明日と私の敬愛する夏目漱石を演じたドラマ?やってますね。それはおいて置いて、映画「必殺剣・鳥刺し」藤沢周平を見てから好きになった俳優さん。背が高く立ち姿がよいイメージから、捕り物装束を着た姿を想像するとだいぶいい感じに映るんじゃないかという理由+思い出補正

 

時代劇小説を読み出したのは中3か高校入学したくらい(記憶薄)で、本屋で悩んだのよね人生で最初に読む時代劇小説は「池波正太郎」か「藤沢周平」かで、悩んだところでどっちも読んだこと無いんでタイトルで興味の引かれた藤沢周平さんの短編が詰まったのを買ったの、その時読んだ短編のひとつが、映画化されて人気が出て次々映画化されたそのなかに「鳥刺し」があった。その思い出。

 

第1位・・・渡辺謙さん

いまやハリウッドで活躍されている世界的な俳優さん、ハリウッドで役者として一番成功してるんじゃないでしょうか、素晴らしいですね。

ええ、別に売れてるから選んだわけではないです。そもそも”売れてるモノを皆で売る”という日本企業の姿勢は正直好きじゃない。そうやって流行を作るのかもしれないけど、売れてるものとコラボして、みんなで売れてるモノを売る。この生産性、先が無いでしょ結局。どうでもいいけど

 

渡辺謙さんといえば、「独眼竜政宗」「藤枝梅安」「御家人斬九朗」とりわけ斬九朗。

 

最近は真面目なキャラでシリアスな物語が多いけど真骨頂は三枚目の演技だと個人的には感じていて、その幅がねいいと思う。鬼平やるのにね。

後は海外で活躍してるのもいいけど、国内で看板となる役をひとつ持っておくのもいいんじゃないかというファン心理、スペシャルドラマ枠ならハリウッド映画の仕事と兼ね合いもつくだろうし、とどのつまり、とにかく観たいですね。渡辺謙長谷川平蔵(宣以)が観たい。

 

 

おしまい