読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

創作にまつわる言葉の解説 <3>

創作界隈言語解説

第三回目は「才能」と「天才」

 

 ※昔の記事にもチラッと書いたんだけどこの2つについて改めて・・・

 

創作界隈においてこの言葉達は人生を左右せしめる最終兵器である。またそういう状況で使われてきた歴史が・・・(嘘

 

全っ然気にするこた~ないですよ、ただの言葉です。

 

この2つを使う人の中で、ちゃんと自分の中でしっかり意味を確立して使ってる人がどれくらいいるのだろうか?

 

「お前は才能が無い」なんて言う人いるけど、きっと分かってない。なんとなくのイメージで使ってると思われる。だから気にする事は無い。自分の判断を一番に信じろ!と言いたい。

 

 

 

よいですか、「才能」ってのは

 

 

歩幅です

 

 

 

有る無しではなく

 

 

大きさです

 

 

よく遺伝子的な差まで才能の枠に含めて語る場合も世間ではありますが、遺伝子的な差はDNAの差だから・・・夢は売ってないしお金で買えないんだけど売ってる人がたまにいるのと同じアレよ

 

才能は皆有る、大きさが違うだけ!

これが私の結論。

 

・・・歩幅の大きい人と、小さい人が同じ道を同じ時間歩いたとする。どちらが先に行けるか、辿り着けるか?

いわゆる世間で才能が有るといわれる人たちは歩幅が大きいのです。ただそれは元々大きい人もいれば、小さかった人もいます。大きくするための鍛錬や、道しるべとなる先達、教え導いてくれる人生の先輩、打ち込める環境等様々なことがあって結果、世間でいう

「あの人、才能あるよね」状態になっているのです。

 

「天才」はさらにその先の状態であります。つまり、天才なんて居ないのです。才能の大きい人がその道で成功した場合なんかに「大安売り」「大特価」みたいな謳い文句みたいな感じで貼り付けられるシールみたいなものなのだ。

才能が小さかった人は「私は皆の○倍練習した」とか言うよね、大きい人がその状態だといわゆる「天才」になりうる確立は高いと思われる。

たまに天才子供がメディアに出てくるけど「子供にしては~」ということですから、そんでもって売り込んでる親がいますから・・・基本的にね。

 

私は才能は小さめだったけど執念深く絵を描いてるから、今でこそ村一番の腕前にはなったと思ってます。

ちなみに絵を描くのが好きになったキッカケは幼稚園時代、たまに絵を教えに来ていた絵の先生(画家なのかなんなのか謎、白髪の優しい眼差しの人だった)がいまして、その日は絵本の読み聞かせの後、絵の中の世界を創造(視覚的な意味)しで描きましょうというね。

 

で、「長靴を履いた猫」を保母さんが読んでるのを黙って聞いて(絵本の挿絵は見せない状態で読み聞かせ)、読み終わってから画用紙が配られてクレヨンで猫を描いた。長靴履いて、他にも物語の中で傘が出てきたから猫に持たせたりした絵を描いた。絵の先生は園児ひとりひとりの元を回ってそれぞれに感想を言うの、その時、褒めてもらってそれがうれしかったんですよ。とてもうれしかった。

 

このひとりひとりに話しかけるってなかなか機会ないじゃない?家庭と違って幼稚園や学校でイチイチそんなことしてたら埒があかないよね普通はさ

 

だからその状況も相まって6歳頃の私には非常にインパクトのある出来事だった。そこからたまに自発的に絵を描くようになった(幼稚園時代は絵を描くより油粘土で遊んでるほうが好きでした)。

 

でも特別上手いわけじゃなくて、小、中学校では学年内で絵の上手い人っていえば他に上手い人はいたしね。せいぜい学年10番以内くらいの実力だったと思います。それでも他の科目なんかだとポンコツですからね、私は・・・ハハハ・・・絵を描く一点に注ぎ込んだのも高校に入ってからだし

ちなみに高校時代の美術は選択科目で1年生時分だけだったんだけど通信簿で5もらったことないし担任との二者面談で「お前ちゃんとやれば5とれるだろう(そっち系の部活にいるんだし)」とストレートな小言いわれたけど、私はクラスで唯一制作中の絵を持ち帰って家でも描いた上での通信簿3とか4だから!ちなみに美術の先生は公募展に勝手に作品出す人で、私が2年に成った時にどっかで賞もらって賞状を担任伝で受け取ったという。通信簿の評価なんて信じちゃいけないというかあの先生の真意が謎である・・・何の絵を何の公募展に出したのかすら私は知る由はなかった。

 

それでも好き嫌いなくというか、色んなモノを好きになって描いてきたから今はそれなり、自称・村一番くらいの気持ちではいます。結局、絵が好きってのにも色々あって、好きなジャンルが狭い人もいるしね。バストアップの女の子の絵ばかりとかさ、アレはね個人的に「ドヤ絵」って呼んでる、そういうジャンルとして

 

 

才能を大きくする一番最初の大事なのは好きになることだと私は思います。やらされてはじめた事と好きではじめた事では執念が違うわ!・・・違うのか?