読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014 春~初夏

※今回の記事は長文です。

 

◆まずはずっと載せてなかったトレーニング水彩カットを数点。

毎月10点とか気の迷いでした。すみません。

いやなんというかひとつの到達点に”とうちゃこ”した手応えからすっかり練習してないです。

 

カットとしての到達点がきっとこの3月に描いたのから見て取れると思います。仕事の方で書いてる水彩風景画のタッチとはまた別です。空間を描こうと思うと黒は強すぎるんだけどカットとしてなら使える・・・というのが手に入れた答えのひとつ

 

風景なんかでは鉛筆と水彩の2つが最高でした。随分いろいろなことが分かってきていて、風景画に水彩塗る時は空間をしっかり意識して其の中にある光をを捉えるよう・・・そこの所を気を付けるようになってきました(底辺高校普通科が最終学歴なんで学術的にどうこうは知らない、あくまで個人的な考えです)。

 

ちなみに仕事で描いてるのは、読売新聞さんが仙台市泉区内で毎月発行している月刊地域情報誌「PARK LIFE」の表紙になります。あんまりblogで自分のそういったことを書くのはどうかと感じてたんだけど、ま、機会なんで報告しときます。あ、今年から表紙担当させていただいてます。

で、水彩画の方・・・3月号に兆しあり、4月号から覚醒し始め、5月号で形になったなぁといった感じ、いまは迷いなく自信を持って描けるようになりました。

 

そういった公私で描く絵にしっかりとした手応えがあってから練習をしっかりサボり始めました。根がバカ寄りの真面目だからサボる時は真面目にサボるんです。まったく困ります。

 

 

f:id:keiichi0563:20140717160501j:plain

f:id:keiichi0563:20140717160644j:plain

 

どーですか?

多分一番見ていて面白い時期の絵じゃないかなと思う。

ホワイトワトソン水彩紙に絵具はW&Nとか混合です。やっぱ発色とか粒子感とかクサカベでは出せない領域の色味があり最近はソッチばっかり(セカンドパレットの方)使ってます。

※クサカベは緑系が素晴しく緑系はクサカベ水彩使います。・・・あくまで個人の感想ですよ。

 

 

◆次に

 

宣伝になるんですが

三陸こざかなネットさんから今年も震災記録漫画本が出版されまして、声かけてもらって昨年に引き続き参加しました。今年のはフルカラーです。水彩手塗りでやりました。

この本は世界的に見ても珍しいノンフィクションの漫画であると思います。名声や名誉を求めることのない活動をしている人たちこそが光だと、震災後いろいろと目にしてきて私は感じていますが、そういった方々の一生懸命が原作手記にはありました。

一生懸命な生き方からきっと何か腹の底のに力をもらえるはずです。

 

ご注文方法等は三陸こざかなネットさんのWebページからお願いします。


投稿手記マンガ 「あなたがいたから…」A4フルカラー48ページ
http://www.kozakana3.justhpbs.jp/manga.html

 

 

◆私事にもどって

粘土いじり・・・今年は2つほど初めてひとつは封印箱へ行き、もうひとつの方さっきちょっといじってました。

昨年これで遊びすぎて水彩画の成長が止まったことはヒミツです(反省して

年末から水彩を積み重ねましたが)。それほどに夢中にさせる面白さがある。

f:id:keiichi0563:20140717162440j:plain

なにかのアイコン用にと思って作ってる。

これで五日目かな?芯はアルミホイル丸めただけ、それに薄くグレーファンド被せて乾燥→更に少しもって乾燥・・・ってのを3日くらい繰り返し、随分飛び飛びで粘土盛ってる。気持ちが切れなければいいんなと願いつつ

出来上がったらFBのアイコンにでもするかな

 

◆D-Lifeの話題

NCISって知ってますか?最初見た時の感想は

カリカリしたオヤジが主役で見ててしんどいわ」

だったのに、これ、シーズン2-1が凄い神回でドはまりした。

この神回は言うなれば・・・

小林旭さん主演の「旅がらす事件帖」の第一話に並ぶ至高の1話です!

脚本の良さだけじゃない編集の素晴しさなのかな~?細かいことは吹っ飛ぶ勢いとテンポで高ぶったまま見終わったですよ!

 

月曜夜20時からはスーパーギブス・タイム!

 

局長が美人で最高なんだよね(結局そこか!?)