あのですね

一昨日くらいだったか

夕刻、隙間ない曇り空で低い空なのにぼんやり桃色(淡いラベンダー色ともいえる)の光に包まれている時間帯がありました。希に起こるあの空間を体験する度に、妖しくて懐かしく、儚く琴線に触れて、なんともよい日だなと思うんです。